栄養のある料理をつくる

子供の健康のために食生活にとても気を遣っています。
自分や夫の食生活はあまり気にしていないのですが、子供が食べる物に関しては食材も安売りされているものは買わずに、新鮮で美味しそうなものしか使用しません。
食費がかかりますが仕方のないことだと思って諦めています。

そうして選んだ食材を調理して食べさせます。
ここで気をつけているのが野菜を十分に摂取できる料理をつくることです。
ほうれん草やトマトなどの栄養価の高い野菜を必ず一日に一度は食べさせるようにしていますし、人参や玉ねぎ、じゃがいもやブロッコリーなど野菜をふんだんに使った手料理を食べさせるようにしています。

しかしレシピを考えるのも一苦労です。
同じメニューが続くと飽きて食べてくれなくなるので、オリジナルレシピを考えて調理することもあります。
子供は洋食よりも和食を好むのでだしにこだわってオリジナルの料理をつくってみたり味噌を高価な物に変えてみたりと日々挑戦です。
だしと味噌を使うからには塩分をとりすぎないようによく考えながら味付けをしなければなりません。手間もかかりますし頭も使います。

また、お肉ばかり食べないように焼き魚や煮魚を食べやすい味付けにしてお肉とお魚を交互に食べさせています。
好き嫌いがあるのであまり食べてくれない食材もありますが、そういった時は調理方法を変えてみます。

少しバターを加えて炒めるだけでもよく食べてくれるようになります。
上手に調理すれば食べない物なんてないのだと考えているので、できる限り努力をして色々な食材を子供に食べさせるようにしています。
すべては子供の健康のためだからこそできることです。自分や夫のためにはここまでできません。